治療方針

治療方針

方針イメージ

 

近年、予防医学の発達、ペットフードの改善などにより、ペットの寿命も長くなってきました。健康で長生きが理想ですが、人と同様に心臓病や腎臓病などの生活習慣病、各種癌等の病気のリスクが増えていることも確かです。
普段からペットをしっかり観察し、病気の早期発見を心がけましょう。そして万が一病気になってしまったときは、できるだけはやく治療を開始してあげることがとても大事です。

治療法はペットの年齢や体力などによって、ひとつではありません。その子にとって苦痛が少ない 最善の方法を一緒に考えていきます。

また当院では犬猫ドッグ健康診断のほか、日常ケアの方法などもアドバイスいたします。

 

 

診察の流れについて

  • 問診

     ペットの情報をお尋ねします

    健康診断やワクチンをご希望の方は、当日の体調、普段の食生活や運動量などをお伝えください。病気の場合は、現在の症状、いつから調子が悪いかなどをお伝えください。経過のメモがあればご持参ください。



  • 診察・検査

     各種検査を行います

    触診・視診・聴診などを行った後、検査が必要な場合、糞便検査、血液検査、レントゲン検査、エコー検査などを行います。



  • 治療計画の立案・カウンセリング

     診断結果による治療計画をたてます

    ペットの種類・年齢・飼主様のライフスタイルによって治療法は幾通りもあります。飼主様と相談しながら、ペットにとって最善の治療方法を一緒に考えていきます。



  • 治療

     注射や投薬など治療を開始

    お薬の処方を受けたペットには、必ず指示通りに服用させてください。お家での経過には注意しつつ、最後までしっかり病気を治しましょう。